· 

親からのあたりも強く、過呼吸を起こします。

〇ローさんからの疑問質問

 

今私は予備校に通いながらアルバイトをしています。どうしても行きたい学校があり浪人することを自分で決めました。ただ最近になって勉強中に過呼吸を起こします。バイト中はそういったことがないのですが、勉強中以外でも息が苦しくなるようになりました。呼吸はできているのですが意識して呼吸をしないといけない感じなので水に潜っている感じにも似てます。親には私が浪人することを決めた時に反対していたこともあり、今の状況を相談することができません。親には金銭面で迷惑をかけているのはわかっているのですが、最近自分に対するあたりも強くしんどいです。ご飯を食べた後に気休めに30分ほどテレビを見ているだけで「そんな暇あるなら勉強したら?」とか「勉強から逃げるんじゃない。」と言われます。自分の立場を考えるとなにも言えないですが、合格するのが無理なんじゃないかとか、この先の人生もうまくいかないんじゃないかとか、最近はネガティブなことばかり思ってしまいます。そうならないためにも勉強をしろと言われたらそれまでなんですが。なにかアドバイスがあれば助かります。正論でも構わないのでよろしくお願いします。

 

 

 

〇回答

 

自分がどうしても行きたいと思える学校があり、その学校に入学するため浪人することを決断し現在に至るということなので、自分の目標を持ち日々頑張られているのではないかと思います。また予備校に通いつつもアルバイトもされているとのことなので、忙しい日々を過ごされているのではないでしょうか。

 

過呼吸や呼吸が苦しくなるといった身体的な症状があったり、最近ではネガティブなことばかり思ってしまうとのことですので、ローさんの精神状態もあまりよい状態ではないのかもしれませんね。親御さんは浪人することに反対していたこともあってかローさんに対するあたりが強いとのことで、ローさんとしても金銭面に関する申し訳なさからか親御さんに言われたことをとても気にされているようにも感じます。

 

ローさんの今の目的・目標は受験に合格することだと思うので勉強をすることは大切なことですが、その勉強をはかどらせるためにはコンディションを整えることも大切になります。「絶対に合格したい!」という思いや受験に対する不安から休むことは良くないことだと思うこともあるかもしれませんが、体力・精神のコンディションを整えるうえで休むことは重要なことです。

 

アルバイトの時は呼吸が苦しくならないとのことでしたが、もしかすると、アルバイト中は仕事に没頭することで不安について考えていないのかもしれません。自分の悩みや不安から一時的に解放されることで精神的に楽になり身体的症状が軽くなることもあります。あくまでもこれらは憶測ではありますが、休むということは睡眠をとるということだけに限ったことではありません。好きなことをしたり、なにかに没頭することができると、不安な気持ちや自分の気持ちを解放させることができるので、精神を休ませることができます。ローさんが食後、気休めにテレビを見ていたのも精神的な休息と捉えることができます。

 

ローさんは自分の立場上、親御さんになにも言ってはいけないと思われているようにも感じますが、言いたいこと・伝えたいことがあるにも関わらず我慢をしてしまうとご自身のストレスをため込んでしまうことにも繋がります。また親御さんにもご自身の気持ちや行動の意図などが伝わらないことで誤解を招くこともあります。コミュニケーションが疎かになることで、反対に親御さんの発言の意図や気持ちも理解しづらくもなります。

 

親御さんからのあたりがきついと感じているのは確かだとは思いますが、浪人生として過ごすことができているということは、親御さんもローさんが浪人することを容認しているのだと思います。また親として子供の将来を心配する気持ちからあたりが強くなることもあるかと思います。

 

まずはローさん自身が休むことの重要性を理解し、適度に休みをとるようにしてみてはいかがでしょうか。そして、親御さんとできるだけコミュニケーションを図ってみてはいかがでしょうか。