· 

送球のことばかり考えてしまいます。

〇松さんの疑問質問

大学2年でショートを守ってます。高校1年の時にイップスになってから今もイップスに悩んでいます。練習の時も試合の時も常に送球のことばかり考えてしまいます。野球をやめたいと思う時もありますが大学を卒業するまでは続けようと思っています。気持ち的にも限界を感じてきているのでメンタルのアドバイスがあれば教えてください。

 

 

〇回答

 イップスになってから送球のことばかり考えてしまうようになり、それもあってか野球を辞めたいと思うようにもなったとのことなので、松さんにとってイップスがとても深刻な問題であることをお察しします。現在、大学2年生ということなので、大学で野球を行う期間はまだまだ十分にあるように思います。

 

松さんは今、野球をする上での目標はありますでしょうか?「練習の時も試合の時も常に送球のことばかり考えてしまいます。」という一文から察するに、松さんは野球をする上での目標がイップスの克服になっているようにも感じます。

 

苦手なモノと向き合い、苦手なモノを克服しようとすることは大切なことですが、苦手なモノばかりと向き合っていてはモチベーションは上がりません。また、仮にイップスの克服が目標になっているのであれば、自ら常に送球を意識しようとしていることにもなります。イップスはある特定の動作や場面の意識が過剰になることでもあるので、イップスを克服するうえでも意識のしすぎは逆効果です。

 

野球には打つ、守る、投げる、走る、様々な要素があるので、誰にでも必ず得意・不得意はあります。今は送球に苦手意識があることで送球のことばかり考えてしまうのだとは思いますが、モチベーションを上げるためにもまずは野球のどんなところに楽しさを感じるのか、松さんの得意なことはなんなのか改めて考えてみてください。そして、そういった得意なことや好きなことに焦点を当て、今一度、野球に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

あくまでも送球は守備の中の一部であり、その守備も野球の一部にすぎません。苦手なモノと向き合うことにもオンとオフを使い分け、野球を楽しむことを心掛けてみてください。