· 

お金に余裕があっても幸せを感じられません。

〇6さんの疑問質問

私は昔、貧乏な家庭で育ちました。それもあってか大人になったらお金持ちになりたくて今はクラブで接客業をしています。今ではお金に苦労することはありません。だけど最近はお金に余裕があっても美味しいものを食べてもなにをしてても幸せを感じません。仕事柄人に合わせることは得意なので人脈はありますが、孤独感を感じます。優しい人もいるので寂しいわけではありません。だけどなぜか辛いです。なんでだと思いますか?

 

 

〇回答

 ご自身で働く前はお金の面で我慢することが多かったのですね。その経験からお金持ちになりたいという思いを抱くようになり、今ではお金に困らない生活をおくっているとのことなので、自分がなりたいと思っていた一つの目標を達成することができたのではないでしょうか。自分の目標を実現させることは簡単なことではないと思うので努力もされたように思います。

 

憶測ではありますが、これまで6さんは「お金持ちになりたい」という思いをエネルギーに頑張ってこられたように思います。お金は形として存在し、生きていくうえで誰しもが向き合うものです。お金の価値観は人によって違いますが、お金の価値は平等です。価値が形として残ることから働いたり生きていくうえで多くの人がお金を一つの指標としてとらえているように思います。

一方で、幸せや孤独感といったものは感情や気持ちなので形としては存在しません。目には見えないものなので大きさや量をはかることはできませんが、気持ちも感情も人間には必ず存在します。6さんは今、この目には見えない気持ちの部分で充実感を得ることができていないのではないでしょうか。

 

仕事柄人に合わせることが得意であるということや、人脈はあるけど孤独感を感じるということから察するに、6さんは人と接するうえで自分の気持ちや思っていることを素直に出せていないように感じます。仕事上、人に合わせることも必要かと思いますが、人に合わせすぎると自分の気持ちは疎かになります。自分の気持ちが疎かになれば我慢も多くなるので辛くなってしまうのではないかと思います。

 

また、「お金持ちになりたい」という思いの強い人の中には、お金を使うことに強い抵抗を感じる人もいます。お金を貯めることは大切なことかもしれませんが、お金を使うことに対し抵抗が強すぎると我慢も多くなります。お金の価値観は人それぞれですし、時には我慢も必要ですが、お金に余裕があるのであればもう少しお金を使うことに余裕を持たせてみてはいかがでしょうか。

 

もしかすると、6さんは人に合わせることが癖となっており、仕事以外でも自分を出すことができていないのかもしれません。素直な自分が出せないことで本当の自分をわかってくれる人がいないと感じ、孤独感を抱えているということも考えられます。まずは、できるだけ人と素直に接するということからはじめてみてはいかがでしょうか。また、お金に余裕があるのであれば、自分の気持ちを充実させることに使ってみてはいかがでしょうか。