· 

誰も私のことをわかってくれません。

〇ミントさんの疑問質問

誰も私のことをわかってくれません。我慢ばっかりで疲れます。友達ができません。

 

 

〇回答

 

現状に疲弊されているのが伝わります。

理解してくれる方がいないことは辛く寂しいものだと思います。我慢も多いとのことですので、誰にも気を遣わずに自分を開放して過ごす時間が少ないのかもしれないですね。誰かにわかってほしい気持ちと自分を出せない葛藤に悩まれているのではないでしょうか。

 

憶測ではありますが文面から察するに、ミントさんは人にとても気の遣える方なのではないかと思います。人にとても気が遣えるということは、人を傷つけたくないという思いや、人に不快な思いをさせたくないという気持ちが強いということでもあります。

 

「優しくありたい」「よい人間でありたい」といった思いを持つことは素晴らしいことです。一方で素晴らしい心持でも、極端になると自分自身を苦しめてしまう場合があります。それは「よくありたい」という思いが強くなりすぎることで“よいことでなければいけない”という思考に陥った時です。このような思考に陥ると、よいと思うことは積極的に受け容れることができますが、少しでもよくないと思うことは受け容れにくくなってしまいます。

 

よくないと思うことが受け容れにくくなると自分に対し厳しくなってしまいます。誰にでも長所と短所の両方が必ずあるので、自分に厳しくなりすぎると自分の短所や嫌なところが許せずそこに意識が向くようになります。結果的に自分の欠点ばかりを意識してしまうことで、他人に自分のダメなところを見せたくない、悪く思われたくないという気持ちが強まり、ありのままの自分を人前では出しづらくなってしまいます。

 

ミントさんは我慢が多いとのことだったので、もしかすると、ご自身に対し厳しすぎることからありのままの自分を出せていないのかもしれません。また、自分が出せないことで周りの人も理解しにくいということも考えられます。まずは、ご自身がありのままである状態に近い感じで生活が送れるようにご自身の短所や欠点というものを許し、認め、受け容れることから始めてみてはいかがでしょうか。また、長所と短所は表裏一体でありどちらもあっていいものだということを改めて受け容れてみてはいかがでしょうか。