· 

離人感に悩んでいます。

〇Eさんの疑問質問

離人感で悩んでいます。現実感が日毎に無くなっていきます。

心療内科に行っても鬱病の薬が出されます。飲んでも全く改善されません。

この先が心配です。どうすれば改善されますか?

よろしくお願いします。

 

 

〇回答

現実感が日毎になくなっているとのことで、自分が自分でなくなっていく恐怖や不安に苛まれ、辛い日々が続いていることをお察しします。

Eさん自身は自ら改善しようと心療内科にも通われたとのことで、ご自分の気持ちとは裏腹に改善までには至らず、どうしていいのかわからないという強い不安や焦りが文面からは感じられます。

 

Eさんの詳しいことはわかりかねますが、人は心(気持ち)と体と頭(思考)のバランスが整うことで健康は保たれます。離人感を抱える人の一つのケースとして挙げられるのが、日ごろから心(気持ち)を抑えて常に頭(思考)を優先し生活しているということです。

日ごろから自分の心(気持ち)よりも頭(思考)を優先し生活することで、自分の心(気持ち)を抑える癖がついてしまい、いつの間にか自分の心(気持ち)がわからなくなるということがあります。

 

例えばABの二択を選択する際に、自分の心(気持ち)は「Aにしたい」と思っているけど、頭(思考)では「Aにすると他の人に迷惑がかかるかもしれない」「AがいいけどBにしておけばめんどうにならない」と考えBを選ぶとします。そうすると自分の心(気持ち)はAなのに頭(思考)でBを選ぶことで結果的に自分の意思ではない決断をしてしまい、心(気持ち)は抑圧されることになります。このように自分の心(気持ち)よりも頭(思考)を優先させる状態を積み重ねることで離人感が強まるケースもあります。

 

少し極端に説明をしましたが、頭(思考)を優先させることが悪いというわけではありません。また、人は一人では生きていけないので人間社会に生きる以上、心(気持ち)を常に優先できるわけでもないと思います。もし、心(気持ち)を抑える機会が多いのだとしたら、少しだけ心(気持ち)を優先させる機会を増やしてみるのもよいかもしれません。

 

症状の克服においてご自身に余裕を持たせることは大切です。十分な休息をとることや、趣味や好きなことをすることがご自身のゆとりや余裕に繋がります。十分な休息がとれていないと、疲れから物事を冷静に考えられなくなったり、ネガティブになることもあります。また、趣味や好きなことをすることは、ありのままのご自身を開放する時間でもあります。

十分な休息は体だけでなくメンタルにも良い影響を与え、趣味や好きなことをすることは頭(思考)を休め心(気持ち)を充実させることに繋がります。これらはご自身の余裕へと繋がり、結果的に症状の克服にも良い影響を与えます。疲れている時にはしっかりと休み、趣味や好きなことにも積極的に取り組んでみてはいかがでしょうか。